知っておきたい!ミラドライについての基礎知識

ミラドライとは何か?

ミラドライとは、マイクロウェーブを利用して行われるワキガ・多汗症治療のことです。このマイクロウェーブは電子レンジの中で発生する電磁波と同じ原理のもので、水と反応して熱を発生させるという性質を持っています。ミラドライの仕組みは、そのマイクロウェーブを患部に照射することでニオイや汗の原因となる汗腺を元から破壊するというものです。また表皮と呼ばれる皮膚の表面部分については、水分が少なく発熱が起こりにくいので、マイクロウェーブによるやけどの心配はないと言われています。

従来の治療法と比較した場合のメリット

ワキガ治療には、ミラドライのほかにもメスを使った手術やボトックス注射などの従来の治療法があるため、それぞれの治療法の特徴を知った上で比較検討するのもよいでしょう。まずメスを使った手術は、永久的な効果が期待できる半面、患部を傷つけてしまうためダウンタイムが長くなります。そしてボトックス注射は、注射のみで済むという気軽さがある反面、効果は半年程度しか持続しません。その点ミラドライは、患部をあまり傷つけないためダウンタイムが少なく、かつ永久的な効果を期待することが出来るというメリットがあります。ただし費用については、従来の治療法と比べると高くなります。

ダウンタイムや費用について

ミラドライの治療には患部への軽度のけやど(表皮はやけどしない)を伴いますが、日常生活にはほとんど支障がないと言われています。手術の翌日から入浴が可能であり、通常通りの生活を送ることが出来ますし、手術跡が残ることもありません。ただし治療した患部が1~2週間程度腫れる場合もあると言われています。そしてミラドライの費用については、40~50万円程度が相場だと言われています。また保険の適用がないため費用は全額負担になります。

ミラドライとは、メスを使わずマイクロ波を使用しておこなうワキガや多汗症の治療法で、傷が残らず体への負担が少ないのが特徴です。