日々進化している!身近になってきた美容整形&プチ整形

流行に惑わされずに、自分に合った施術を。

ファッションやメイクと同様に、顔にも流行があります。例えば目だと、たれ目、つり目、目頭の切り込みが深い外国人風、涙袋が大きいリスのような目など。当たり前の事ですが時代とともに流行は変化していきます。美容クリニックのカウンセリングでは「女優の○○風な顔にしてほしい」「とにかく大きな目にしたい」などの意見が多いようですが、今の自分だけでなく10年後の自分にとってプラスの手術になるようにしっかりとイメージしてから行いたいですね。

プチ整形ってどんなもの?

近年ではプチ整形という言葉も浸透し、整形のハードルは下がり傾向です。プチ整形と美容整形の違いは主にメスを使うか、そうでないか。「プチ」と言っても範囲は広く、二重まぶたにしたり頬のたるみを引き上げる、しわを目立たなくする、くすみを消すなど様々なものがあります。本格的な美容整形よりもずっと手頃な金額で少しずつ変化がつけられる事も人気の理由です。老化に伴う変化のスピードを遅らせるメンテナンスとしてのプチ整形が多くなっています。

コンプレックスを解消して前向きな自分に

プチ整形の流行もあり、整形について語るモデルやタレントさんも出現していますね。世論の声としても「コンプレックスを解消する事でポジティブになれるなら良い」という意見が多くなりました。美容整形は一昔前よりもずっとオープンにしやすくなってきています。美しさを求める若い女性だけでなく、好印象を持たれるように雰囲気を変えたいという男性も増えているんですよ。精神を含めた自分をプラス方向に持っていくアシストとして、美容整形の需要は日々高まっています。

小陰唇が大きくて悩んでいる女性も多いですが、小陰唇を縮小する事ができます。小陰唇縮小手術は専門の医院で受ける事が出来ます。