トレーニングの最新技術!加圧トレーニングのやり方と効果

加圧トレーニングって何?

加圧トレーニングとは、体に本来備わっているメカニズムを利用した日本発の新しいトレーニング方法です。腕や太ももの付け根を適切な圧力で絞めることによって血流を適度に制限し、軽い運動でもハードな運動時と同じ筋肉の状態を作り出すことができます。従来のトレーニングでは高付加をかけなければ得られなかった効果を、より短時間で、軽い負荷の運動で得られることができるのが大きな特徴です。加圧トレーニングによって成長ホルモンが分泌されやすくなり、バルクアップやダイエットに大きな効果があります。

加圧トレーニングのやり方と効果

加圧トレーニングをするときには、まずはじめに腕・太ももベルトなどで絞めて加圧します。そうすることによって、血流が適度に制限され、毛細血管が活性化します。その後、軽い運動を約10分ほど行います。この時、乳酸が溜まり、成長ホルモンの分泌が始まります。そして、乳酸などの代謝物が蓄積します。運動後、ベルトを緩めて除圧します。除圧することで制限されていた血流が流れやすい状態になり、成長ホルモンが血流に乗って全身に流れ始めます。成長ホルモンは全身をめぐり、全身の体脂肪の分解を助けます。その結果、トレーニングした部分だけではなく、全身の体脂肪を減らすことができるのです。加圧して血流を制限することにより、普段使われていない筋組織まで広範囲に活動させることができるので、その分筋肉にかかるストレスも多くなります。筋肉がストレス状態にあると、脳のストレス中枢が刺激され、視床下部での成長ホルモンが加圧していない場合よりも多く分泌されるようになるのです。

加圧トレーニングをするときの注意点

加圧トレーニングを行う際には、加圧する加減やトレーニング時間に注意することが重要です。適度な圧力以上の高い圧力をかけてしまったり、長時間トレーニングを行ってしまうと、静脈血栓ができてしまったり、冷感やしびれ、皮下出血といった症状を引き起こしてしまう場合があります。また、「短時間でかなりの効果を得られるから」と言って安易な考えで軽い気持ちで行ってしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれる場合があるので、加圧トレーニングの際には、ジムの人や専門家の人と話をしたうえで行うことが大切です。

きれいに痩せたい女性向けの加圧トレーニングです。加圧トレーニングなら横浜にたくさんあります。駅から近いので通いやすいです。