なるほど納得!血液クレンジング治療の進め方

血液クレンジングは問診から始まる

血液クレンジングに興味はあるけど、友だちに聞いても誰もよく知らないし、どういう手順で治療が行われるのか心配!?そう思っている人も多いのではないでしょうか?そこで、どのようにして、血液クレンジング治療が行われるのかを、順を追って説明します。まずは、医師により、問診が行われます。これは他の治療と同じですよね。問診では、現在の健康状態のチェックから始まり、困っている体の悩みについて、詳しい聞き取りが行われます。どんな些細な悩みでも、お医者さんに伝えておくとよいでしょう。

血液を採血してオゾンを注入

問診が終わると、いよいよ血液を採取します。通常は、100ミリリットル前後の血液を採取するのが一般的ですが、体質や健康状態によって採取量は異なります。100ミリリットルの血液は、献血で抜かれる血液よりずいぶん少ないので、あっという間に終了です。初めての場合は、採取する血液を少なくしてもらうこともできるので、不安ならお医者さんに相談してみましょう。採取された血液は、病院で検査されたあと、医療用のオゾンが注入されます。

オゾンで活性化された血液が体に戻ってくる

ここまでくれば、いよいよ最終段階です。採血した血液に、病院でオゾンが注入され、活性化されました。その血液を、再び体に戻せば、血液クレンジング治療は終わりです。血液が戻された後は、体の奥底からポカポカと暖まってくるような感覚になるはずです。オゾンのパワーにより、心臓から送り出された血液には、酸素がたくさん含まれているので、手足の末端まで新鮮な酸素が供給されるようになります。その結果として、冷え性の改善や美容効果など、嬉しいことがたくさん期待できるんですよね。

血液クレンジングの効果としては、血流が良くなるので冷え性が改善されます。また肌のターンオーバーも促進されるのでアンチエイジングに繋がります。